離婚協議書・離婚相談・離婚給付公正証書・養育費・親権・慰謝料・年金分割・財産分与・奈良県・大和郡山市・奈良市・生駒市・橿原市・天理市

奈良県大和郡山市の女性行政書士です。離婚協議書作成の離婚相談・親権・養育費・面会交流・財産分与・慰謝料・奈良県、奈良市、生駒市、橿原市、天理市他対応。

年金分割

年金分割

その前に年金のことをチェック

離婚に係る用語

年金分割

離婚時に,対象となる期間(婚姻期間)の年金の保険料納付記録を分割し,分割を受けた側は自身の保険料納付記録と分割を受けた納付記録に基づき計算された年金を受けることができるという制度です。

離婚時の厚生年金(共済年金)の分割制度


平成20年4月1日以降は,

  • 「合意分割制度」と
  • 「3号分割制度」
    の制度が,同時並行することとなります。

合意分割制度(平成19 年4 月 1 日実施)

  • 合意分割制度は,平成19年4月1日以後の離婚について,3号分割制度施行後の第3号被保険者期間以外の婚姻期間の期間につき,当事者の合意や裁判手続きにより定められた分割割合に基づいて各年金毎の機関に手続きをすることで,年金分割が行われる制度です。

  • 合意分割(任意分割)の場合は,原則として,離婚をした日,婚姻の取消をした日,事実婚が解消された日の翌日から2年を経過すると,請求ができなくなります。

合意分割の按分割合の定め方


ア.当事者間の合意により按分割合を定める場合
 当事者間の合意により按分割合を定める場合は、次のいずれかの方法により合意した内容を明らかにすることが必要です。

  • 年金分割請求時に、当事者双方又はその代理人の方がともに社会保険事務所に来所し、年金分割請求をすること及び請求すべき按分割合について合意している旨を記載し、かつ、当事者自らが署名した書類を添付

  • ② 公証人が作成した公正証書又は公証人の認証を受けた私署証書(作成名義人の署名又は記名押印がある私文書のことです。)を添付

イ.裁判手続により按分割合を定める場合
 按分割合
当事者間で話合いがまとまらない場合には、当事者の一方が家庭裁判所に対して申立てをし、裁判手続によって按分割合を定めることができます。

3号分割

3号分割制度(平成20年4月1日以後)


  • 3号分割制度は,平成20年4月1日以後の離婚について,婚姻期間のうち平成20年4月1日以後の第3号被保険者の期間中について,2分の1の割合で年金分割が行われる制度です。
  • 3号分割制度では,当事者間の合意や裁判手続は必要とされません。


  • 3号分割(強制分割)の場合も請求期限合意分割と同じ原則、離婚等をした日の翌日から起算して2年を経過していないこと。

一口メモ

年金分割後の年金見込額を知ることができます。

  • 社会保険庁では、50歳以上の方又は障害年金の受給権者が、情報提供の請求をする際に、分割後の年金見込額を希望される場合には、分割後の年金見込額をお知らせしています。
  • 分割後の年金見込額を希望される場合は、情報提供請求書の所定の欄にその旨を記入し、社会保険事務所へ提出してください。
  • お知らせする年金見込額は、次の按分割合により分割した場合の年金見込額(3パターン)です。
     ①按分割合の上限(50%)
     ②按分割合の下限(分割を行わない場合)
     ③ご本人の希望による按分割合

分割による効果は

分割制度により、厚生年金の標準報酬を当時者間せ分割した場合は、当事者のそれぞれの老齢厚生年金等の年金額は、分割後の記録に基づき計算されます。

  • 分割をした方
    ご自身の厚生年金の標準報酬から、相手方に分割した標準報酬を除いたその残りの標準報酬に基づき、年金額が計算されます。
  • 分割を受けた方
    ご自身の厚生年金の標準報酬と相手方から分割された標準報酬に基づき、年金額が計算されます。
    なお、実際、分割後の標準報酬に基づく老齢基礎年金をうけるには、ご自身の厚生年金の加入期間や国民年金の保険料を納付した期間等によって受給資格期間をみたしていることや生年月日に応じて定められている支給開始年齢に到達していることが必要です。

年金分割の効果は厚生年金の報酬比例部分(厚生年金基金が国に代行して支給する部分を含む)に限られ、国民年金の老齢基礎年金等には影響はありません。

同居期間別の離婚件数(H19 厚生労働省統計調査)

期間件数割合
5年未満86,60834.0%
5~10年56,33122.1%
10~15年33,69113.2%
15~20年24,166 9.5%
20年以上40,34915.8%
不 明13,677 5.4%
合 計254,822100.0%

中田典子行政書士事務所

〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町2104-16

お問い合わせ

電話&FAX 0743-53-5601

携帯電話 080-3778-8553

営業時間 9時〜20時(年末・年始・お盆休み)

お急ぎの場合は、上記営業時間に係らず、お電話にてお気軽にお問合せください。

行政書士は法律(行政書士法)で守秘義務を課されております。
お客様の個人情報は他に漏れることなどのないように、厳重に管理いたしておりますので、ご安心してご相談ください。

このページトップへ
HPトップへ

離婚に係る用語へ離婚に係る用語

a:4971 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional